2008年11月27日

長井秀和を待っていたファンはいるのか

「アメリカで活動する(or勉強する?)」ことを理由に不倫スキャンダルから逃げ(?)た長井秀和が、一年ちょっとで帰国だそうだ。
それ以前に、帰国報道より離婚報道の方がメインというところもなんだかもの悲しい。
帰国も離婚も、世間の人々にとってはどっちも「いまさら」感は否めない。

それにしても、彼の留学先ってニューヨークだったのだね。
渡米前にどの程度英語ができたのかは知らないが、よりによって住民が皆恐ろしい早口でしゃべるニューヨークでスタンダップ・コメディアンを目指して行ったのだろうか?
となると相当の自信があったに違いない。
ただでさえ日本人というだけで大きなハンデなのに、さらにニューヨークなのだ。

以前TV番組で、(確か)ニュージーランドで一人活動する日本人コメディアンを見たことがあった。
彼はニュージーランドに行くまでは確か、まったく英語が話せなかったと言っていたような。
ライブハウスのような場所で笑いを取る様子も放送されていたが、それなりに話せるようになった英語と、まめな動き、そして顔芸(?)でかなり笑いを取っているようだった。(番組内では「人気者」と言っていた)
それはニュージーランドという国を選んだのが良かったのではなかろうか。

絶対的にアメリカで日本人コメディアンが成功する日は来ない、とは思わない。
でもきっと、最初に人気が出る日本人コメディアンは、話芸ではなく表情と動きで笑いを取るタイプだと思う。
たとえば岡村隆史とか。品川庄司の庄司ピンネタ「パピプペポ」みたいなのはどうかな。
アメリカのギャグ番組はけっこう強烈なネタが多いから、あれくらいインパクトがある方がウケそうな気がする。
一番はたぶんパロディネタだけど、それは日本人がやるには難しいだろうし...。(マシ・オカかジョージ・タケイの真似くらい?)
今後話芸で日本人が成功することもあるかもしれないが、ネイティブなみに機関銃トークができる人に限られるだろう。

なかやまきんに君もLAで孤独で辛い日々を送っているらしい。
あんなにわかりやすく身体を使った筋肉ネタでも難しいか。
もっともきんに君の場合は日本でも「好き・嫌い」「笑える・笑えない」がはっきり分かれるだろうけど。
同じ身体を張るなら、ケンコバとか無駄無駄ラッシュの中立とかの「プロレス系」はどうかなあ?
アメリカのプロレスラーは超マッチョだから、パロディは無理だろうか?

おっと真剣に考えてしまった。
どっちにしても長井秀和は本気でぜんじろうの後を追おうとしたわけではないだろうから、どっちでもいいか。
ギャグにすぐ飽きる日本に戻り、彼は再び人気を取り戻せるのだろうか?
それこそどっちでもいいか。
posted by チェブラー at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

ヨシモト∞終わるのね...

今年の春くらいだったかな?「ヨシモト∞が終わるらしい」と耳にしたのは...
でもその時は結局∞大阪だけが無くなって、東京の∞はそのままだったのでまぁほっとしていた。(大阪∞が無くなったのはそれはそれでかなりショックだったけど...)
ライブの時間は番組開始当初の「5時間無料ライブ」から「前半2時間有料ライブ(MAEAge、AgeAge)、後半2時間無料ライブ(∞)」と無料の時間が短くなってしまったけど。
でもその状態が何ヶ月も続いてたから、「意外に長く続くなぁ」と感心していた。
だって以前からヨシモトの動きの早さったら半端なかったし。

しかし、やっぱり無料ライブをずっとずっと続けるなんて無理なのね。
もともとお金にシビアな会社が無料ライブをやるってことは、スポンサーがついてそれなりの収入を見込んだから始めたのだろうし...。  つまりは番組存続に十分なスポンサーがつかなかったということなのかも。
世界的に不況だしねぇ...。
現在の∞レギュラーメンバーもそれなりにTV出てて知名度あるしねぇ...。
ライセンスやノンスタイルのライブはプラチナチケット化してて、今後TVでブレイクする可能性もあるし...。
無料ライブに出すにはもうもったいないか。

毎回ヨシモトが企画変えする度に「ああーもう見られないのかー」と激しくショックを受けているけど、今度のショックはかなり大きいな。
もうノンスタもブラマヨもカリカもライセンスもフリートークを聴ける場が無くなっちゃう!
特に最近のブラマヨのおもしろさったらなかったのに!
ついこの間も「もしかしたら今一番フリートークが面白い芸人はブラマヨではないだろーか」と自分の中で決めたばかりだったのに。
ああ...。
がっかり。

∞後に始まる有料ライブ「シチサンLIVE」(7:30からの90分ライブ)の出演者はAgeAge Liveのメンバーと同じ。
もう∞ホールは若手オンリーにするのだね。
AgeAge Liveのメンバーも大好きだけど、それだけというのもなんだかさみしい。
でもまぁ考えようによってはAgeAge Liveのメンバーをぶっとおしで見られるので、ファンには嬉しいとも言えるか。
何度も何度もAgeAge Liveを見ていると、「もっとフリートークしてほしい」とか「もっとゲームコーナーやってほしい」と思ってくるし、月イチの「Aage Liveプレミアム」はぜんぜんチケット取れないし...と考えると、毎日90分ネタ以外のライブ(毎日やるんだよね?)を見られるというのはそれはそれで嬉しいかもね。
まぁ毎日¥1800出せる人はそうそういないだろうけど。

「シチサンLIVE」は生ネット配信しないそうだ。後から録画したものを配信するんだって。
始めたばっかりの「ヨシモト劇場」でやるのかしら?
それともちっともコンテンツが増えない有料動画配信「ヨシモト大ファンクラブ」に入らないとダメ?
あれ、あまりにもコンテンツが増えないので嫌になって先月やめちゃったけど。
毎日増えるならまた入るしかないか...。

気づいたら毎月ヨシモトに相当な額の使用料なりチケット代を払っていたので、貧乏になったのを期にライブも何かのコンテンツ会員になるのも厳選するようになった。
それで今はかなり落ち着いてはきたのだけど...。
∞がなくなって「シチサンLIVE」が始まることによって、またもヨシモトへ払う金額が上がりそうな...。
ああ怖い。
気をつけなきゃ。
っていうか渋谷はあまり行かないなきっと。
posted by チェブラー at 21:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。