2009年04月30日

デッカちゃんに彼女が!

今ふと「よしもとオンライン」を見たらCOWCOWの回で、芸人のゲスト4名が映っていた。

しずる池田、Bコースナベ、デッカちゃん、カナリアボン溝黒の4名。

なにつながり??...と思ったら、デッカちゃんが彼女らしきイラストを手に映っている。

yoshimoto_shinjuku_live_1_000144626.jpg

おう〜〜〜。

これはもしかして、「彼女いる(ことを公表している)芸人」ですか?!

COWCOWさんたら、いい企画をやってくれますな〜。
(とか言って、映っている芸人が自分の好きな芸人だったらちょっぴりショックだったりするのだろうけど)

でも芸人さんてアイドルなみに彼女の存在を隠す人が多いから、
こういう風にちゃんと「います」って公表する人はえらい?よね。
少なくとも人気ほしさに「彼女いないんですよ〜」と言い続ける人(こういう人多い)よりはいい。

あまり舞台でいつもいつも彼女のノロケ話ばかりされるのも困るけど(お笑いを見に行ってるんだから)、そうでないならちゃんと「彼女います」と言ってくれる方が好感がもてるな。
ロバート秋山のように上京当時から同棲してるのに隠し続けてた、ってわかると、
ぜーんぜんファンじゃなくてもやっぱりなんか「嘘つきだったんだ」と思ってしまう。

人気商売だから、隠す気持ちもわからなくはないんだけどね。
逆に彼女がいる人は 微妙にそれ系の話題を避ける傾向があるので、言わなくてもわかっちゃったりすることも多いし。
(でもしずる池田さんに彼女がいたのはなんかビックリだったけど。イメージ?)

でも一番ビックリなのは、デッカちゃんに彼女がいたってことだな。
だってデッカちゃんの稼ぎで食べていけるの??なーんて余計なことを。
彼女はさぞかしすばらしい人に違いない。

デッカちゃんとハローケイスケにはがんばってほしい。
なんとなく。


posted by チェブラー at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

今月はカナリアが1位☆

見てる人しか全く興味のない「AgeAgeLive」。
最近Yahooバラエティで見られるよしもとネット配信についてしか書いてないな。
節約生活でライブもたまにしか行っていないし、お笑いのテレビ番組で常時見ているのは「Base米米」「千鳥のぼっけえTV」「水野キングダム」「にけつ!!」「ガキの使いやあらへんで」...しかほとんど見てないな...。つまり見ているものが少ないからオンラインの話ばかりになってしまうのだね。

それはさておき、
今日はA−age芸人10組を争う月イチライブ、「AgeSageLive」の日であった。
AgeSageLiveは17時からと時間も早いしチケットも即完売するので、私は毎回ネット視聴だ。

平日毎日やっているAgeAgeLiveでは、月はじめの方は(まだ余裕があるので)やる方も見る方ものんびりまったりしているのだが、言わば決勝戦のようなランク決めライブである「AgeSageLive」では芸人の気合の入り方が全然違う。
皆力の入ったネタを持ってくるし、ちょっとの失敗が順位を左右するので、ネタも普段の倍くらい力いっぱい演じている。
見ているこっちも一緒に緊張したりハラハラしてしまうライブなのだ。

このライブのハイライトはライブ終了間近の18時20分頃。
ネタをやった13組のうち、お客さんと視聴者の投票でA-ageランクに残れる10組が次々に発表されていく。
今月はカナリアの名前がなかなか出ない...。
ネタはちょっといつもとは違う感じのネタで、とてもウケていたのでまさか落ちるということはないだろうが...。
...と思っていたら、一位だった!★

カナリアはしばらくBageに落ちていた時期があったので、一位は久しぶりなんじゃないだろうか。
A-ageになると「シチサンLive」で冠ライブができるのだが、過去やったカナリアのシチサンLiveでは大喜利のババ抜きみたいなコーナーがあり、これがすっごくおもしろいのだ。
それがまた見られそうなのでとても嬉しい☆

逆に大好きなライスがBageに落ちてしまったので、ライス冠のシチサンLiveがお休みになるのは残念だ。
ライスのシチサンLiveは毎回違うコーナーをやっているのだが、これもとてもおもしろいのだ。
またぜひA-ageに復活してシチサンLiveをやれるようになりますように。

来月もがんばれー。

posted by チェブラー at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

ジュニアさんがドラマに!

いやー全然知らなかった。
ジュニアさんドラマに出てるのね。
しかも重要な役で。

TBS「ぼくの妹」
http://www.tbs.co.jp/bokunoimouto/chart.html

オダジョー、長澤まさみ、の次に名前が出ているなんて!
離婚後本格復帰したともさかりえよりも上ですよ。
すごいなぁ。

でもTBSって今ピンチなんだそうですね。
なんでも大幅に番組改編を行ったら裏目に出てしまって、新番組が軒並み一桁台の視聴率なんだとか。

「TBS視聴率ピンチ 1ケタ続出、大幅改編が裏目に…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090425-00000576-san-ent

「ぼくの妹」はどうなんだろ?
キャストはかなり豪華だけども。
それだけで視聴率稼げるわけじゃないのがドラマだしね。
最近視聴率が悪いドラマって「まだ間に合う!」とばかりに次週すぐに前の週の再放送やったりするよね。
私は初回を見逃すことが多いのでありがたいけども。
「ぼくの妹」も今夜の弟2回放送を前にして、今から初回を再放送するようです。
ってことはやっぱり初回はダメだったのかな。

とりあえず見てみよっと。

posted by チェブラー at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

いよいよ増谷キートンの時代が来るのか?

大好きなキワモノ芸人、増谷キートン様率いるクソコント集団ライブ「キュートン」の次のライブチケットが、発売一時間で完売したとのこと。
(キートン様ご本人のブログ情報)

い、いったいキュートンに何が???

キュートンには毎回若手芸人のゲストが一人あって、普段はやらないようなエロコントやクソコントに参加するのだが、若手芸人ファンが殺到して売り切れるということは過去にもあった。
でも通常キュートンのゲストは発売日にはまだ発表されていないので、過去には発売日に完売というのはおそらくなかったはずだ。(違ったらすみませんキートン様)
今回は豪華ゲストが早々に発表されていたのだろうか?

...と思ったら、
キートン様と(ほぼ)相方の椿鬼奴さんが二人でやっているトークライブ「2人のビッグショー」も、次のライブチケットが完売したそう。
そして買えなかったという常連さんのカキコもあり。
ということは、キュートンのゲスト効果で売り切れたわけではなかったのだ。

い、いったいキートン様に何が起こったの???

私は地上波ほとんど見ていないからわからないけど、
もしかしたらキートン様っていつの間にかブレイクしていたのだろうか?
もしかして「あらびき団」あたり?
確か前に「あらびき団にキュートンで出た」と聞いたことがあったけど...。


なんにせよ、よかった。
キートン様はすごくすごくおもしろいのに、
過去そのイロモノネタのイメージのために(いや実際完全なイロモノネタしかやらないけど)、長く評価されないまま時を過ごしていたのだ。
いよいよキートン様の時代が来たのであれば、こんなに嬉しいことはない。

でもアメトークやらロンドンハーツやらにキートン様が出ちゃう日が来たりしたら、それはそれでやっぱりこわいかもしれない...。
posted by チェブラー at 11:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

どうでしょうの底力☆

どうでしょうのDVDがアメトークを抜いた!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000017-oric-ent

『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)のシリーズ第11弾DVDが、今週8.3万枚を売上げ4/27付週間DVDランキングで総合首位を獲得した。さらに今年発売のバラエティ・お笑いDVD部門において、3月発売のテレビ朝日『アメトーークDVD1』の初動5.5万枚を上回り、09年初動売上げ枚数でも最高位を記録。


一週間で8万枚も売るなんて!!
やっぱりどうでしょうはすごい番組だ。

私も今毎週MXテレビで再放送を見ているが、現在5−6年前の放送分(どうでしょうのレギュラー放送が終わって単発になってからのもの)をやっているところだ。
何年前に撮った番組とかは全く関係なく、毎週次が気になるおもしろさだ。
現在のミスター鈴井さんをTVで見る機会はあまりないが、大泉さんや安井さんをたまに見ると(6年分老けているので)ヘンな気分になるくらい。

私もできればいつか、どうでしょうの全DVDを入手したい。

これはモンティ・パイソンや初期のサタデー・ナイト・ライブDVD同様に、永遠に家に置いておきたい宝物DVDになるだろう。
posted by チェブラー at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

よしもとオンラインfrom大阪☆

先日のソラシドよしもとオンライン出演と話が前後してしまったが、
先週からよしもとオンラインに大阪からの配信枠ができた♪♪♪

その分東京からの配信時間が1時間短くなってしまったが、各120分だった配信が90分に減っただけなのでそんなに落胆するほどのダメージはない。
むしろ毎日1組2時間の配信を見続ける方が辛いので、コンパクトになってよかったかも。
今はすべての配信を見るのは不可能なので、見る芸人を数組に絞って見ている。(その前にAgeAgeLiveとシチサンLiveの配信もあるので、とても全部は見れないのだ)

今現在の配信時間は、
http://variety.yahoo.co.jp/

・AgeAgeLive(月〜金)17:00〜18:30くらい
・シチサンLive(月〜金) 19:30〜21:05くらい
・よしもとオンライン第一部 22:00〜23:30
・よしもとオンライン第二部 23:30〜25:00
・よしもとオンライン第三部 25:00〜26:00

第三部が大阪からの配信だ。
大阪のみ完全なラジオブースから配信されており、ストリーミング配信のほかに音声をラジオから同時配信している。
出演者もカメラではなくマイクに向かってしゃべっているので、東京からの配信とは違って大阪の配信は皆ずっと横顔の映像が映っている。
正面顔が全然映らないのはちょっとさみしいといえばさみしいのだが、ラジオの深夜放送を聴いているような楽しさがあってこれはこれでよい。
しかし東京配信は時には机と椅子をとっぱらって「裸王」を決めたり「RG vs. ハブ」対決をやったりと、動きのある企画もできるのだが、大阪はこの感じのままだとずっとしゃべりだけの番組しかできなくなってしまうのが残念だ。
だってこの先ゲストにジャンクションが出ても、下林さんが一発ギャグをやるスペースさえないではないか。
ラジオ形式は確かにいいのだが、この先はちょっと趣向を変えた配信も考えてほしいものだ。

とはいえまた定期的に大阪芸人のトークが聞けることになったのは、非常にうれしい♪♪♪
今は週一レギュラーでパーソナリティが決まってしまっているが、この先はぜひイレギュラー枠も設けてほしい。
そしてソラシドも出してね☆
(あっ贅沢言うなら笑い飯とかもぜひぜひぜひ)

posted by チェブラー at 11:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

祝☆ソラシド よしもとオンライン出演♪

こんなんで大喜びしている人ってもしかして私だけだったりして。。。。
でもよしもとオンラインの麒麟の回のゲストに、ついにソラシドが出演したなんて!
関東在住のソラシド好きとしては嬉しい限りなのだ。

よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_002819132.jpg
麒麟+ソラシド


Yoshimoto Fandango TVがあったころは、CSの中でちょこちょこソラシドを見られた。
大阪収録のbaseの番組があったから。
その後「ヨシモト無限大大阪」があったころは、最低一ヶ月に一回くらいはソラシドの出演があった。
でもヨシモト無限大大阪がなくなり、その後ヨシモト無限大まで終わってしまった。
そして今や唯一たま〜にソラシドが見られる番組だったGAORAの「千鳥のぼっけえTV」までもが、月イチの放送になってしまい、ほとんどソラシドを見られる機会がなくなってしまった。

そんな時、よしもとオンラインの週一レギュラー、麒麟が「おともだち」ソラシドを呼んでくれたのだ☆
わーいわーい。

よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003028867.jpg   よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003070375.jpg
田村さんに「お前に陣内さんが使った後の布団貸すわけないやろ」といじられる水口さんと
「キモイ」書き込みを見る本坊さん



なんでまた大阪芸人のソラシド(しかも関東での知名度はほぼゼロの)をゲストに?!と思ったら、
なんでも麒麟の回のよしもとオンラインではほぼ麒麟がしゃべってるだけの内容なので、番組予算が余ってしまい「好きな人を呼んでいい」と言われたそうだ。
そこで往復の新幹線代に宿泊費も加え、総額10万円の予算を使って「おともだち」ソラシドを呼んだそうだ。

当日の書き込みではほとんどが「あんたら誰?」とか「キモイ」といった書き込みだったが、
麒麟の二人にいじられまくる水口さんや相変わらずほわ〜んとそこにいる本坊さんが見られて非常にうれしかった♪

よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003264269.jpg   よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003267806.jpg   よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003269374.jpg
水口さんお得意のエアドラムを音無しで


水口さんがいじられる時間が長くて本坊さんはほとんど正面顔が映らないまま終わってしまったが、
「(川島が)泊めてくれないならこれから奥多摩の親戚のところに行く」とか、ちょっとだけ本坊トークが聞けた☆
水口さんの猫トークもちょっと聞けた。
あーもっと聞きたかった。
「自腹で毎週ゲストに来いよ」と言われていたが、なんとかならんのか。
頑張ってバイトして新幹線代を稼ぎ、ぜひ毎週オンラインに出てほしいなぁ...。
(ってなことを考えてるのは本当に私一人だけだったりして)

よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_003657245.jpg  よしもとオンライン_20090415-一部-麒麟、ソラシド.asf_004822543.jpg
最後は本坊さんのアウターが実は水口さんのだった(本坊さんが着てきたやつはアイダホの農夫のようだったのでこれを着たとのことだがこれもかなりキツイと言われていた...)というエピソードで番組終了


posted by チェブラー at 22:59| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

小笠原まさやが。。。

東京吉本で新喜劇から出発し、今ではすっかり「売れる芸人を当てる占い師」として有名になった小笠原まさやが...。
去年16歳の少女に自宅でみだらな行為を行ったかどで、12日に逮捕されていた。

なんともったいないことを。
これで当分、もしかしたらこの先ずっと、彼はTVには出られなくなるだろう。
もしかしたら、新喜劇出演も難しくなるかもしれないな。
(といっても新喜劇での彼の演技はかなりキビしかったので、出演がない方が本人のためでもあるかもしれないが)


よくよく考えると「なんで去年したことで今年タイホ?」とか、
「16歳といっても自宅までついて行ってる時点で女の子側にも多少問題はあるのでは...」とか、
いろいろきな臭い感じがするけれども、
それでも法律で禁止されていることはやってはいけないのだ。

でもよく考えるとこの法律って具体的にどんなことなのか全然知らない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%AB%E8%A1%8C%E6%9D%A1%E4%BE%8B

『「淫行」とは、広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきでなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為』をいうものと解するのが相当である。』

うむむ。そうかー。
青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為
というあたりが該当していそうだ。

小笠原まさやはなんとなく空気感が普通の男性とは違っていたので、もしかしたら男性が好きな人なのかもしれないと思っていたのだが。
ただの女子高生好きだったか...。

もう彼の占いも読めなくなるのかもしれないなぁ。
合掌。
posted by チェブラー at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

しずる、フルポンAgeAge卒業?

先日のザ・パンチ卒業に続いて、5月いっぱいでしずるとフルーツポンチの2組がAgeAGeLiveを去るそうだ。

でもザ・パンチの時のように「卒業」とは書いていなかった。「お休みします」と書いてあった。
ということは、忙しくなくなったらまた復活するということなのだろうか。

AgeAgeLiveではなぜか、TVで人気の芸人がそのままの人気で順位に反映しない。
しずるは例の事件で最下層からの再スタートを切って以来、ほとんどAageに上がれなくなった。
フルポンはBageまでは順調に上がっていったが、Aageにはやっぱりなかなか上がれなかった。
今をときめくはんにゃも同じだ。

このまま自社興行のギャラが数百円の若手ライブに出すより、そりゃチケット代もたっか〜い地方営業にどんどん出た方が(そしてTVにも)本人にも会社にもいいに決まっている。

次ははんにゃだね。


私の大好きなグランジはまだまだAgeAgeを卒業できそうもない。
見る側としては嬉しいが。
本人たちは口惜しかろう。
がんばれ〜〜〜〜〜〜〜!!!
posted by チェブラー at 15:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ザ・パンチがAgeAgeLiveを卒業

普段からよしもとの若手芸人には全く興味のない人にはどうでもいいことばかりを真剣に書いているが、これはもっともどうでもいい話かもしれない。

M−1決勝にも進出したザ・パンチがAgeAgeLiveを卒業するそうだ。

AgeAgeLiveって何?と思う人はきっとこんな日記読まないだろうが、いちおう書いておくと、
東京よしもとが若手芸人のランキング付け(=ギャラランク決め、仕事決め)方法として現在使っている、ピラミッド構造のランキング・システムがあり、そのランキングを決めるためのライブのひとつがAgeAgeLiveである。
ランクは上から、
・A age 芸人(10組)
・B age 芸人(30組)
・C age 芸人(20組)
・MAE age 芸人(30組)
・AGEチャレ芸人(60組)
・AGEプロ芸人(300組以上)
となっており、定期的にランク決めのためのライブを行って芸人の昇格・降格を繰り返している。
AgeAgeLiveはA age 芸人〜C age 芸人までのランキングを行うための、月−金で行われているランク決めライブだ。

しかし若手であってもこのランキング・システムには登録されていない芸人もいるし、逆に十分なベテランであっても(当人の希望により?)登録されている芸人もいる。
またはじめはシステムに登録されていても、「卒業」というかたちで登録から外れる芸人もいる。
それはほとんどの場合「知名度が上がって(営業などの)仕事が増えた」ためで、いわば栄転なのだ。
このシステムとなってから、以前ハイキング・ウォーキングがAgeAgeLiveから「卒業」していた。
今度はザ・パンチの番というわけだ。


不思議なのは、必ずしもその芸人の人気とAgeAgeLiveでのランキングが一致しない点だ。
たとえば今よしもと若手芸人で一番人気はおそらく「はんにゃ」だと思うが、はんにゃが出演する日はLiveの観客はほぼ満員になる。ほか「しずる」や「フルーツポンチ」が出演する日も観客が多い。
人気と集客力は明らかに一致しているのだ。

しかしそんな彼らのAgeAgeシステムでの順位はというと、B age 〜 C ageをウロウロしており、なかなかA ageには上がらない。たとえ上がっても翌月にすぐ降格してしまったりする。
ランキングを決めるのはあくまでLiveの観客とストリーミング配信の視聴者(で投票した人)なのに、人気が直接投票には反映されていないのだ。
もちろんその日のLiveの投票はあくまでも「その日その芸人が行ったネタに対する評価」という建前はあるのだが、実際のところ多少ネタの出来が悪くても好きな芸人に皆投票してしまうのではと考えていた。
しかし結果から考えると、そうではないようだ。
意外に若手芸人ファンのほとんどを占める十代〜20代前半の女子も、真剣にネタを見て判断しているのかもしれない。
それとも裏には私が理解していない、何かの法則がはたらいているのかも...。


とりあえず「栄転卒業」のザ・パンチは最後にC ageからB ageに昇格してフィニッシュ。
あまり関係ないけど有終の美を飾っての卒業、おめでとうございました。
posted by チェブラー at 18:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

よしもとオンラインが短くなった?

たった今気づいた。
いつのまにか「よしもとオンライン」の放送時間が短くなってた。

「よしもとオンライン」は第一部が22:00〜0:00、第二部が0:00〜2:00で、以前はだいたい第一部が22:01〜23:27くらいまで放送していたと思う。
第二部は最初は0:01くらいから始まっていたのだが、いつの間にか0:05から放送開始に変わっていた。終了時間の方は意識していなかったけど、たぶん1:57くらいまでは放送していたんじゃないだろうか。

結果第二部の方が(放送開始時間が遅いので)放送時間が短くなっているのだなと思っていたが、今第一部を見ていたら23:51には放送が終わってしまった。
第二部は開始時間が遅くなり、第一部は終了時間が早くなったということか。
結局それで第一部と第二部の放送時間は同じになるわけだ。

5分程度短縮されてしまったことで、なんかちょっと損した気分。
でもよくよく考えればもともと「よしもとオンライン」にはお金は払っていないわけで。(よしもとのほかのサービスにはあれこれいろいろとお金を払っているけれど)
文句は言えないですね。

今日のセリーグの放送はうれしかった。
先日の「ヒゲ芸人」に笑い飯西田が出た(しかも大喜利コーナーがあった)のもすごくうれしかった。
これでブラマヨが復活してくれたらなぁ。。。
いやいやカリカやポイズン・ガール・バンドだって見たい。
だって「ヨシモト∞」が無くなってしまってからというもの、彼らを見られる機会がぐっと減ってしまったんだもの。
(ぶっちゃけ)売れない芸人にも機会を与えてほしい。。。
(と書きつつ∞ホールにはほとんど行けなかった私)
オンラインは毎日見るので、ぜひとも復活をお願いしたい。

posted by チェブラー at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

陣内・紀香がぁー。

なんてこった。

「永遠にともに」の弾き語りや「ひろみGOのお嫁サンバで主役交代」なんかが有名な、世紀の格差カップル陣内・紀香が離婚に向けて別居中だそうだ。

まだ結婚して2年しかたっていないというのもなんか驚きだが、すれ違い生活が離婚の原因らしいことにもびっくりだ。
だってそもそもの超格差婚。暮らす世界が違っていることは百も承知だったんじゃないのだろうか。
十分わかった上で結婚しても、やっぱりうまくいかないものなのか。。。

陣内は自分よりクラスが上の女優をゲットしたことで男を上げ、紀香は条件で夫を選ばなかった(身長や収入とか)ことで女を上げたと思うのだが、長くもたなかったというのはとても残念だ。
陣内はさまざまな舞台や番組で紀香のことをつっこまれてはノロけていたが、あれは演技だったのか。
(そういえば確かに、ほとんど具体的なエピソードは語ってなかったが)

つい先日見た舞台「LOVE」では、陣内は元気いっぱいコントを演じていたが(プロだから当たり前だけど)、私生活はとんでもないことになっていたとは。。。
やっぱりとても残念だ。

posted by チェブラー at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

バッファロー木村氏が離婚

よしもとが好きになってから早9年近く。
今までいろんな芸人を好きになってきたけれど、たくさん見てきてしみじみ思っていたのは
「芸人には離婚する人が少ない」
ということ。

統計を取ったわけではないのであくまで主観だけど、
特に売れていない時期に結婚してずっと妻が夫を支えてきたようなかたちだと、あまり芸人は離婚沙汰にならないと思う。
これが俳優やらミュージシャンやらになると、売れたとたんに同じ芸能人に乗り換え、売れない時期を支えてきた配偶者をアッサリ捨ててしまうケースが多く見受けられるけど...。
「芸人は遊ぶけど離婚はしない」
という印象が強い。

さっと頭に浮かぶケースだとあべこうじくらいだろうか。
キム兄も離婚しているけど、あれって最初の離婚は芸人になる前だったような気がするし。
ほかにはぱっと思い浮かばない。
やっぱり俳優やミュージシャンに比べると圧倒的に少ないと思う。

バッファロー吾郎の木村さんが離婚したそうだ。
知り合って17年、結婚して7年だったそう。
去年KOCを取ってやっとこれからTVの仕事が増えるかもという矢先に。
芸人には少数派と思われる離婚を。
何があったのだろう。
他人ごとではあるが、舞台ではいつも明るく楽しくいじられキャラの木村氏が。
ダイナマイト関西を立ち上げて、ここまで大きなイベントにしたガッツのある木村氏が。
幸せ太りだと完全に思えるくらいプクプクに太っていった木村氏が。
セックスレスであることを番組や舞台で明るくネタにされていた(本人から言ったわけではないが)木村氏が。
芸事には関係のない話ではあるが、なんだか残念だ。

まぁもしかしたら「再婚相手がすでに現れての離婚」かもしれないけど。

posted by チェブラー at 11:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

中山功太おめでとう♪

また知らないうちにR−1決勝の放送が終わっていた。
M−1決勝に続き、またも見逃してしまったな。
もっともM−1もR−1もここ2〜3年毎年放送日を忘れて見逃しているので、もう見ていないのと同じだ。
最近はスカパーオンリーの生活を抜け、スカパー&BSデジタルの生活に入ったもので、ますます地上波の番組を見逃すことが多くなっている。
ケンコバやノンスタの出る番組はできる限りチェックするようにはしているのだが、何せ出演番組が多すぎて全部はチェックしきれないのだった。
もうR−1決勝を見ようという意思も諦めたほうがいいのかもしれない。

優勝者はYahoo!ニュースで記事になっているので、特にこちらの意思には関係なく目に入ってくる。
「今年のR−1優勝者は中山」とタイトルにあって、一瞬「中山って誰だっけ」と思ってしまった。
今年のR−1は「優勝候補不在」と言われ、事前アンケートでは「敗者復活進出者が優勝する」という予想が一番だったらしい。まぁ過去の優勝者や有力者が軒並み不出場だからそう思われても仕方ないか。
私の中では、いいかげんバカリズムに優勝してほしいという思いがあった。
でもM−1で笑い飯がいつまでたっても決勝常連の位置から抜け出せないのと同様に、もしかしたらバカリズムもずっとそういう位置をキープし続けなければならないのかもしれない。好きならそんな不吉なことを書いてはいけないが。

中山功太はGAORAでbaseの番組を見始めたころからずっと好きだ。
今は無きYoshimoto Fandango TVでも「中山功太の部屋」「中山功太の番組」という番組があり、毎週おもしろかった。(初めは中山功太の27LDKという豪華な実家で収録していたため「中山功太の部屋」というタイトルだったのだが、父親の会社倒産に伴い実家を売りに出すことになったため番組が外でのロケとなり、タイトルが「中山功太の番組」となった)
シニカルな話し方と斜め見を生かしたネタがとても好きだ。
別に太めだったころも悪いとは思っていなかったが、レコーディング・ダイエットで7kgくらい減量してからは見た目的にも良くなったのではないだろうか。
優勝者には仕事が殺到するらしいから、今後しばらく中山功太には地上波に出るチャンスがたくさん与えられるのだろう。
ぜひともそこで生き残るように頑張ってほしい。
(といっても私は地上波そんなに見てないが)

R−1ではすっかり決勝の常連組となったあべこうじやCOWCOWのよしさんも、考えてみればすごいと思う。
ほとんどTV出演がないのに、毎年何千組の中から決勝に進出しているのだ。
もっとも選出方法は一般ではなく選考員が選んでいるのだから、知名度などはそもそもあまり関係がないだろうが。
こういう大会には事務所の絡みとか力関係とかいろいろ邪推されるような裏事情もあるだろうが、ここは純粋にネタのおもしろさが評価されての常連組なのだと思いたい。

でもやっぱり来年あたり、いいかげんバカリズムに優勝してほしいけど。
posted by チェブラー at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ヘンなノリ

お正月にとり溜めたお笑い番組をあれこれ見ていたら。

『関根&優香の笑うお正月2009』 という人気芸人25組が新ネタ(テレビで?)をやるという番組で、2組目にサンドウィッチマンが出てきた。
ビジュアル的には全く人気がないと思われるサンドウィッチマンに対しても、1組目のチュートリアル登場時と同じくらいの『キャー!』という声。
芸人がひとこと言うたびに『きゃはは』『ほー』などと反応する声があがり、収録前にスタッフからよく指示されているらしき若い女の子(の声)ばかりの観客。

そしてサンドウィッチマンのネタが始まった。


伊達「まぁお正月ですからね、おせち料理ばっかり食べていると思うんですけども。たまにハンバーガー食べたくなるわね」
富澤「いいですね」
伊達「ハンバーガー食べると興奮しますから」
富澤「間違いないね」

客『え〜〜〜(疑)!』

伊達「(コントに入る)あれ、こんなところにハンバーガーショップできてんな。昨日まで何もなかったのにな。興奮してきたな。ちょっと入ってみようか」
富澤「いらっしゃいませこんにちはいらっしゃいませこんにちはいらっしゃいませこんにちは」
伊達「ブックオフか!  うるせー何回もお前一回でいんだよ一回でよ」
富澤「こちらでお召し上がりですか?」
伊達「持って帰るよ」
富澤「ソルトレイクの方へ」
伊達「テイクアウトだよ!  何だお前ソルトレイクって!何で俺冬季オリンピックなんだよ。
持って帰る持って帰る。メニュー見せてくれよオイ」
富澤「お客様〜」
伊達「ん?」
富澤「踏んでますよ」
伊達「何で下にあんだよ!上に置いとけ上によお前!見えねぇだろーが。
。。。ビッグバーガーセット。」
富澤「ビックバーガーを千個」
伊達「業者か俺は!  どこに売りにいくんだよこれ仕入れてお前」
富澤「今からおつくりしますんで、5時間少々お待ちください」

客『えぇ〜〜〜(驚)!』

伊達「バカじゃねぇのお前!  なんで5時間もかかんだよ!」
富澤「千個ってったら厨房大戦争になりますよ」
伊達「千個じゃねーよ、セット!ビッグバーガーセットをひとつ。あたりめぇだろが」
富澤「お飲み物は何になさいますか?」
伊達「飲み物ねぇ、じゃこのバナナシェイクでいいや」
富澤「バナナシェイクで。サイズの方がS、M、A、L、Lがございますが」

客『えぇ〜〜〜〜(驚)!』

伊達「スモールって言ってんじゃねぇかお前!」
(...とネタは続く)



。。。ってなにこれ??

富澤がボケるたびに驚きの歓声があがって。

だってボケてんだからさぁー。

ボケる=すっとんきょうで極端なことを言ってツッコミの人の返しを受けて笑いを取る手法


でしょうが。

いちいち『えぇ〜〜〜〜』って声が入るとすっごくさめるんですけど。。。。

これもエンタの神様ほかのバラエティ番組がよくやるネタ中のボケどころを全部テロップで出すのと同様の、テレビ的手法なんでしょか?

正直芸人つぶしにしか見えないです。












posted by チェブラー at 15:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

ジュニアのコントライブ

今や超売れっ子芸人となったジュニアさんが、

同じく超売れっ子となったケンコバや陣内さんと一緒にコントライブをやるんだって!

あつむさんが参加しないのがさみしいけど、

ジュニア(いや千原兄弟でやるのかな)とケンコバの競演だったら絶対絶対絶対行きたい!!!。。。よねぇ〜もちろん。。。

いやーしかしプラチナチケットすぎますわ。

最近はチハラトークも芸人定食もなにひとつチケット取れないし、こんなプラチナチケットが取れるわけねーや。

おまけにチケット代が「15弱」の6000円をも超える、なんと7000円!!

ひょえ〜〜〜〜〜〜〜

それでも皆行くとは思いますが。

やっぱりギャラが高い人がたくさん出るライブは、チケット代がすっごいです。

無職の貧乏人には行けるはずもありません。。。(; ;)

とりあえず、DVDは買おう。。。。

posted by チェブラー at 02:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

よしもとオンライン、楽しいです♪

年内で「ヨシモト無限大」が終わってしまい、毎日の楽しみがなくなってガッカリしていたら。
いつの間にか「よしもとオンライン」というラジオ風ネット配信が始まっていた♪
ヨシモト∞が終わる前からひっそりと(?)始まっていたらしく、12月中旬くらいから放送していたようだ。
クリスマス・ウィークは毎晩のように飲み歩き、年明け早々家庭内問題勃発で全くネットをチェックできていなかったので、私が見始めたのは年が明けて一週間も過ぎてからだった。
その間にノンスタやライセンスなどの初回放送は終わってしまっていた。がっかり...。
でも別な番組情報を見て、大晦日の「野生爆弾の赤紙太郎」だけはチェックできました☆ ほっ。
このもっともゆっるーーーいカウントダウン・ライブ(?)だけは見逃せなかった〜。

年明け第二週からようやく見始めた「よしもとオンライン」。
「ヨシモト無限大」では、

17:00−18:30 Age Age Live
19:00−20:00 ヨシモト無限大 第一部
20:00−21:00 ヨシモト無限大 第二部

という計3時間半の舞台&生配信だった。

それが「よしもとオンライン」になって、

17:00−18:30 Age Age Live
19:30−21:00 シチサンライブ
  22:00−0:00 よしもとオンライン 第一部
    0:00−2:00 よしもとオンライン 第二部

という計7時間ものネット配信に☆
単純に番組として見られる長さだけで言えば、結果「ヨシモト無限大」より良くなった。

ただし以前はAge Age Live以外は無料で見られる舞台だったけど、よしもとオンラインは元小学校校舎である吉本東京本社社屋からの生中継で観客はなし。
そしてシチサンライブもAge Age Live同様有料ライブとなり、無料で見られる舞台はなくなった。

それでも時間帯からあまり見に行けなかった私としては、配信時間が増えた今の方が嬉しい。

「よしもとオンライン」の2時間という配信時間は、ちょうどオールナイトニッポンのようなラジオ番組感覚で流しっぱなしにして「ながら見」ができ、ちょうどいい。
「ヨシモト無限大」は生で見られてよかったけど、一時間に短縮されてからはずっと短いと感じていたから。
A Age芸人を中心とした企画ライブ「シチサンライブ」は、出演者も企画内容もバラエティに富んでいるので楽しい。配信はこれのみ生配信ではなく一週間後の録画放送だけど、特に問題はない。
毎日A Age Liveが見られるようなものだから、とてもありがたい。

この形態がいつまで続くか非常に怪しいけども(Age Age Liveもシチサンライブもまだそんなに客が入っていないようなので)、とりあえずは毎日の楽しみが増えた。
逆に毎日7時間見るということが辛くなりそうな気もするけど...(^^;  でもあまり興味がない芸人の回はとばして行くつもりだ。(今のところちょっとしかいないけど)

ただブラマヨや中川家などの中堅芸人が見られなくなったのはとてもさみしいので、今後よしもとオンラインに出してくれたらなぁ...と思う。
ブラマヨの無限大は私のオアシスだったので...。どうかお願いしたい。
posted by チェブラー at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

メディアの力

すご。

テレビの影響力の大きさを、また一つ垣間見た感じだ。

ノンスタのブログにお祝いコメントたくさん入っているだろうなー、と見てみたらば。

二人のブログに対するコメント数は、今まで通常だいたい100〜200台の数だった。(特別なニュースの時は数百台にまで増えていたけど。)
それが決勝戦前日までの日記についたコメント数が、

<井上さん>
前々々々日(決勝4日前) 400台

前々々日(決勝3日前) 600台

前々日(決勝2日前) 1000台

決勝前日 10000台

<石田さん>
前々々日(決勝3日前) 200台

前々日(決勝2日前) 900台

決勝前日 20000台




と一気にジャンプアップ!
決勝当日の日記はないので、前日の日記にコメントが集中しているのだ。
まだまだ増えると思われる。

優勝後の日記がアップされるのが楽しみだ!
いったいどれだけのコメントがつくのやら。

posted by チェブラー at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

の、ノンスタ優勝してもーた!

今日がM−1の放送日だったなんて、全然知らなかった!

今年も24日に放送だと勝手に思い込んでいた。

でもよく考えたら、クリスマスに放送というよりも毎年日曜日に放送されていたかも...。

究極的なウッカリだ!


なんとか録画のツテを探して、年明けに見せてもらえることになってホッと一安心。

で、ふとヤフーを見たらば、トップページの新着ニュースにでかでかと「ノンスタ優勝」の文字が...!!


なんとなんと、ノンスタが優勝してしまいました!

いや嬉しいけども。
大好きだし。
ライブだって∞だって観に行ったことあるし。

でも正直決勝進出の8組が発表になった時は、ノンスタが優勝するとは考えなかった。
私の予想ではナイツが優勝するんじゃないかと思っていた。
(実際ナイツは決勝3組に残ったそうだから、大はずれの予想ではなかったけど...)
しかしノンスタはついにやっちゃったのだねぇ。

これで一気に売れるのだろうと思うと、
嬉しくもあり、さみしくもある。
不思議なファン心理。
でもやっぱりよかった。
今後TVでノンスタを見られる機会がぐっと増えるだろう。


私は個人的には、ノンスタはコントよりも漫才、漫才よりもフリートークがより面白いと思っている。
特に石田さんがブチ切れて高めの声で早口でまくし立てると、井上さんがちっとも動じずに的確に切り返していくようなやり取りの時や、逆に石田さんに的確なタイミングで身長のことなんかでイジられて、井上さんがちょっとキレ気味に応戦するようなやり取りなんかがテンポが良くてとても面白い。
大阪の仲のいい高校生同士の会話を、盗み聞きしているかのような楽しさがある。


とにもかくにもおめでとうノンスタ。
私が放送を見られるのは年明けになっちゃうけど、優勝に至った漫才を見るのを楽しみにしてます♪




posted by チェブラー at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ポテ少Aage一位!

なんと本日のAgeSageLiveで、万年ほぼBageだったポテト少年団がAage一位に!

おかげでカナリアはAageから落ちてしまったけど。(どっちにしてもカナリアは十二位だったから十一位のラフコンも追い抜かねば上がれなかったけど...)

いやー、このところのAgeSageLiveはいろいろと番狂わせがあって、以前よりおもしろいです。
以前はAageメンバーはほとんど固定化していたので安心感はあったけど、やっぱり「バトル」と銘打ったイベントなのだから上位がガンガン入れ替わる方が見る側としてはおもしろいわけで。
やる方はたまったものではないでしょうが、「昨日のBageが今日のAage」くらいに目まぐるしく変わった方が新鮮は新鮮です。
でも毎月のAgeSageLiveでは芸人は皆吐きそうになっているらしいけど。

ポテト少年団やBコースのベテラン組ってBageではそこそこ上位まで行くのに、いつもAgeSageLiveでは評価が低かった。
でもまず先月のAgeSageLiveで「万年Bage」だったエリートヤンキーが見事な漫才を見せ、いきなりトップの大番狂わせが発生。
そして今月はやはり万年「ほぼBage」だったポテト少年団がトップに!
ああ、なんておもしろいお笑い戦国時代。

ベテランも若手も皆がんばれ!
やっぱり笑いは安定の中からは生まれないのかもしれない。
苦しいだろうけど、来月も大番狂わせを期待してます♪
posted by チェブラー at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。